QLOOKアクセス解析

理事長 挨拶と病院案内Greeting & Hospital guide

前島静顕 理事長ご挨拶

写真

当院は1988年(昭和63年)に121床で開設致しました。開院当初より「思いやりのあるやさしい医療」と「最新の高度医療」の実現を目指しておりました。
日々の医療で最も必要性の高いものは地域完結型医療だと痛感致しました結果、増改築を重ね、1999年(平成11年)第4期工事竣工により、368床となりました。そして当初外科内科中心の病院から、18科の診療科を擁する医療機関となり、殆どすべての疾患に対する検査や治療が可能となりました。医療機器も各科の最新高度医療が出来るよう装備致しました。特に第4期工事で急性期医療に威力を発揮する心臓血管撮影装置を配備し、心臓カテーテルによる検査や治療が可能となりました。同様に急性期の脳血管領域疾患に対しても直ちに対応できるよう脳神経外科医の充実をはかりました。
私自身の所属する外科でも、がんの外科的治療は時代の最先端を目指し、努力を重ねています。さらに患者様のQOL(生活の質)を高める、体にやさしい手術法(鏡視下手術)も高いレベルを誇っております。1992年頃から始まったこの手術法は胆嚢摘出術だけでしたが、最近は実に多くの臓器の手術に応用され、現在当院では甲状腺の手術もこの手術術式で可能となりました。頸部に手術創のない美容的に極めてすぐれた術式であります。その他、内科、整形外科、眼科も各科特色を持った最新医療を実践しております。このような総合的医療を高いレベルで行う事により、地域医療の更なる充実のため努力を重ねています。また私共は病診連携の充実こそ患者様にとって大切な事と認識致しております。いつでもどこでも御自分のすぐ近くに信頼できる医師がいること、そして医師間で緊密な連携が出来ている事、その結果一刻を争う急変があっても適切な医療で救命出来た例が多々あるのです。遠くの医療機関では間に合わない怖い病気も多い事を考えれば、病診連携の充実こそ地域医療の最重要課題と考えています。最後に当院は353床の中で250床は急性期一般病棟に、103床は長期療養による入院の必要な患者様のための病床としております。当院は今後さらなる医療の発展のためソフト面の整備の充実をはかり、当院の設立の原点である「思いやりのあるやさしい医療」と「最新の高度医療」の実現に向けて努力を続けていきます。


施設設備概要

開院 昭和63年4月
敷地面積 14,560.96平米
延床面積 11,295.2平米
職員数
(平成26年12月)
530名
常勤医師 19名・非常勤医師 83名
看護師 187名 看護助手73名
他 168名
     

沿革

      
昭和63年4月 顕正会蓮田病院として開院
平成2年10月 医療法人顕正会蓮田病院に組織変更
平成6年6月 第3期 工事着工
平成7年9月 第3期 竣工 ベッド数 204床
平成10年9月 第4期 工事着工
平成11年9月 第4期 竣工 ベッド数 357床
平成15年6月 許可病床数 368床
平成24年10月 許可病床数 353床

    

蓮田病院蓮田病院

〒349-0131
埼玉県蓮田市根金1662-1
TEL 048-766-8111
FAX 048-766-8110

救急指定告示病院
労災指定病院

日本外科学会外科専門医制度修練施設
日本消化器外科学会専門医修練施設
日本消化器病学会関連施設
日本整形外科学会認定医研修施設
日本大腸肛門病学会認定施設
日本麻酔科学会麻酔科認定病院
日本消化器内視鏡学会指導施設
日本がん治療認定医機構認定研修施設
日本口腔外科学会認定関連研修施設
厚生労働省歯科臨床研修施設指定
日本静脈経腸栄養学会NST稼働認定施設
日本消化管学会胃腸科指導施設
日本病院総合診療医学会認定施設